Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2005-02-24

ITS日記 -02-

| 08:35 | ITS日記 -02- - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - ITS日記 -02- - わだばLisperになる

さて、ITSの最小構成でのインストールもできたので、これをどうにか通常の運用形態まで持って行きたいところ。しかし、その前にこの最小構成のシステムをどうにか拡張したら良いのかさっぱり分からず。

ログインして、:helpコマンドを実行してみると下のような感じです。

:help

You are typing at "DDT", the top level command interpreter/debugger

of the "ITS" time sharing system.

Type control-S to abort output from DDT.

DDT commands start with a colon and are usually terminated

by a carriage return. Type :? to list them.

Type :LOGIN to log in. If you are new on the system,

do :INQUIR to tell the system who really is.

To list a file directory, type :LISTF .

To print a file, type :PRINT . The directory

".INFO." has many files documenting system programs.

If a command is not recognized, it is tried as the name of

a system program to run. :LUSER runs a program that will

request help for you. :INFO runs a documentation perusal

program.

Type control-Z to return to DDT after running a program

(Some return to DDT by themselves when done, printing ":KILL").

For full documentation on DDT, do :PRINT .INFO.;DDT DOC.

*

ということなので、:?、:inquir、:info等を実行してみると、現在のシステムでは、

*:?

DSK: .INFO.; DDT :CMNDS - NON-EXISTENT DIRECTORY

:inquir

SYS: SYS3; TS INQUIR - NON-EXISTENT DIRECTORY

:info

SYS: SYS3; TS INFO - NON-EXISTENT DIRECTORY

となり、とりあえず、.INFO.とSYS3ディレクトリを追加すれば、少しは展開がみえそうなので、SYS3と、.INFO.ディレクトリを追加することを計画。

とりあえず、システム構築に関するドキュメントはといえば、Building an

ITS from scratch on the Supnik PDP-10 simulatorの元にもなっているAI:KSHACK;BUILD DOCらしいので、再確認。

後半にテープからデータの読み出し方法も記載されていました。

.INFO.ディレクトリと、SYS3ディレクトリの中身は、ftp://ftp.its.os.org/its/ai/に公開されているので、これからテープのイメージを作成して読ませたらどうかというとろ。

ファイルをITSのテープイメージに変換するツールは、John Wilson氏のitstarというものがあり、http://www.dbit.com/pub/pdp10/its/itstarで公開されているので、これをコンパイル。

_INFO_.tgz等を展開して、itstarで、_info_.tapeを作成して、simhで、

at tu0 _info_.tape

みたいな感じで、テープドライブに、イメージを指定。

後は、BUILD DOCの11. Loading the rest of the filesystem using DUMPを

参照して

*:dump

(Please Log In)

DUMP .442

_load merge noask crdir

FILE=*;* *

TAPE NO 1 CREATION DATE 050105

DSK: DIR KSHACK CREATED BY ___002 DUMP 06:48:09

E-O-T

_unload

_quit

:KILL

みたいな感じで読み込めました。

※sys3を読み込ませる際にエラーになってしまいますが、DIR.LISTを削除して、イメージを作成すると上手くいきました(理由不明)

という感じで、sys3、.info.等を追加したら、:?も使えるようになりました。

とりあえず、一歩前進。