Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2005-02-24

ITS日記 -03- EMACS動くの巻

| 09:59 | ITS日記 -03- EMACS動くの巻 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - ITS日記 -03- EMACS動くの巻 - わだばLisperになる

現実逃避でコンピュータばかり触っています、こんにちは。

さて、minsys.tapeより、少しづつhttp://www.its.os.orgで公開されているAIの内容をitstarでテープイメージに変換して読み込ませるという作業をしていたのですが、面倒なので一気に全部読ませることにしました。

作業的には、AIの内容をすべて展開し、展開されているそれぞれのディレクトリからテープを読み込ませた際にエラーとなる原因のDIR.LISTを全部削除。

それから、まとめてitstarでテープイメージにします。

itstarは、ディレクトリが深くとも、ITSの仕様に合わせて一階層のディレクトリにしてくれるので、アーカイブの際にパスがどうなるかの問題には無頓着で大丈夫です。

できたテープイメージは、165MBくらいになります。

これを、

:dump

_load merge noask crdir

で読み込みます。

_quitでdump終了。

さて、これで、様々なディレクトリが展開されたので、色々探索してみました。

ITSを散策してみてプログラムの起動回りでおぼろげに分かったことは、

  • デフォルトで通っているプログラムのパスは、SYS、SYS1、SYS2、SYS3らしい。

  • 保存されているプログラムは呼出される名前と若干違っており、TS DUMPのように"TS "が頭に付いているらしい。

  • パスは追加することが可能で、専用プログラムとして、追加用にNFDIR、削除用にOFDIFがある。

    という感じです。

    一番の興味は、emacsな訳なのですが、.INFO.;ITS PRIMERによると、当時はEMACSもしくは、Eとして呼び出されていたらしいです。

    ということで、TS Eと、TS EMACSを探してみたのですが、どこにも見当たりませんでした (((´・ω・`)…

    しかし、EMACSディレクトリのなかに、TS 126というのと、TS 125というものがあるので、試しに起動してみると…。

    EMACS Editor, version 162 - type Help(^_H) for help.

    と表示されEMACSが起動しました! ビンゴ!

    twenex.orgの公開TWENEX(TOPS-20)で、emacs165と表示されているものは触ったことがあるのですが、162なので、これは、それより若干古いバージョンみたいです。

    ちなみに、EMACS;TS 125、EMACS;TS 126ともに、バージョンは、162なのですが、タイムスタンプは、125が、1981年10月7日、126が、1985年8月12日となっていて、80年代初期には存在していたバージョンみたいです。

    twenex.orgの165と比較しながら使用してみたいところですが、現在、ターミナルの設定が分からず、画面表示がぐちゃぐちゃな状態です (((´・ω・`)…

    恐らく、フルスクリーンエディタとしてちゃんと機能すると思うので、機能させるべく設定方法を探りたいと思います。