Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2006-09-28

勉強するよ.14

| 21:18 | 勉強するよ.14 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - 勉強するよ.14 - わだばLisperになる

Schemeの勉強.14

今日は、第13章でジャンプの巻

call-with-current-continuationを使ったループからの

脱出とか、継続を保存して、再開とか。

なんでも良いけど、例題が難しい。

Schemeの世界はこういうの多いけども。

継続を自由に扱えるってのは、SchemeのSchemeらしいと

ころだけども、良く継続は難しい概念という風に説明さ

れてて、自分も最初は何だか良く分からなかった。

しかし、SchemeとActor理論という良くできたActor理論

の解説ページを読んで、何となく理解できたのだった。

世の中の継続の解説ページは、大域脱出、CPS、末尾再

帰、等がごちゃごちゃになってることが多いので、混乱

してしまう。

そんな時には、Actor理論だけ押えとけば、すっきり納

得できるんじゃないだろうかと思わなくもない。

そしてプログラム言語に限らず、継続っていう概念は、

人間の普段の生活にも沢山現れる気がする。

例えば、牛乳パック。コンビニに並んでいる牛乳パック

には沢山の継続が含まれている。最低でも、「最終的に

は燃えるごみになる」という継続が含まれていると思う

、そんな秋。