Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2007-04-25

CADRでSICP 1.4

| 20:01 | CADRでSICP 1.4 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - CADRでSICP 1.4 - わだばLisperになる

CADRでSICP Exercise 1.4.に挑戦 - Structure and Interpretation of Computer Programs

Exercise 1.4
演算子が合成式でも評価モデルが使えるかを観察せよ。
Scheme:
(define (a-plus-abs-b a b)
  ((if (> b 0) + -) a b))

解答
Lisp Machine Lispというか、Lisp-2だと
(defun a-plus-abs-b (a b)
  (funcall (if (> b 0) #'+ #'-) a b))
となると思う。
(a-plus-abs-b 3 -3)
-> 6.
にはなるけど、これは演算子が合成式ってことになりま
せんわよね。