Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2007-10-22

Lisp関係の文献の翻訳

| 07:31 | Lisp関係の文献の翻訳 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - Lisp関係の文献の翻訳 - わだばLisperになる

このブログのテーマであるLispやレトロコンピューティング系の情報/文献というとやはり英語圏のものがほとんどで、英語が苦手な自分は文献が存在することは分かっていても内容がちっとも把握できないというもどかしさを日々感じているわけなのですが、そんなLispとレトロコンピューティング系の面白い文献を翻訳し公開されている素敵過ぎるブログ(okshiraiさんのブログ)をみつけたので何点か紹介させてもらいたいと思います!!

okshiraiさんのブログ

エラー:So-netブログ

沢山翻訳されているのですが、何点か取り上げるとすると、まずは、

Guy L. Steele Jr氏と、Richard P. Gabriel氏の

The evolution of Lispの翻訳

これは、Lispの歴史を俯瞰したもので読み応えがあります。

Peter Norvig氏とKent Pitman氏の

Tutorial on Good Lisp Programming Styleの翻訳

こっちは、以前にこのブログでも触れたLispのプログラミングにおけるスタイルについてまとめられたもの。ためになりました!

その他、Paul Graham氏のArc関連のものや、Interlisp関連のもの、Richard Greenblatt氏の2002年のObjective Lispの提案等々盛沢山。さらに、現在Computer History MuseumのGreenblattやAlan Kotok氏のインタビューも翻訳されている最中です。

自分にとってはまさにお宝の山であり、小一時間ディスプレイの前で「うぉー、すげー」と叫んでおりました。

これからもどんどん続けて行って頂きたいです。