Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-01-06

BBN-LISPのADVICE

| 22:11 | BBN-LISPのADVICE - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - BBN-LISPのADVICE - わだばLisperになる

comp.lang.lispを眺めていたら、SymbolicsのLispマシンのマニュアルがbitsaversにアップされたとのことで、早速ダウンロードして眺めたりしておりました。

それで、bitsaversの他のディレクトリを探索していたら、BBN-LISPのマニュアルがありました。

BBN-LISPはINTERLISPの前身ともいえる存在です。

それで、Symbolicsそっちのけで眺めてみていたら、19章(P423)にADVICEという文字が。

Emacsを使っている方だったらdefadviceは知っているかと思うのですが、それと同じパターンの機構で、ある関数にフックをかけてカスタマイズするという仕組のようです。

CLOSならビフォアとアフターメソッド的ともいえるかもしれません。BBN-LISP、INTERLISPには、Daniel G. Bobrowが深く関与していますが、CLOSにも関与しているようなので、そういう影響もあるのかもしれません。BBN-LISP→INTERLISP→COMMON LOOPS→CLOSという流れ。

しかしそれよりも、このマニュアルが出たのは、1971、2年ということで、こういう仕組みが35年前に考えられていて実装されていたということに驚かされました。

他にも先進的な試みが沢山あるようで、INTERLISPの特徴は殆どBBN-LISPの時点で既に実装されているようです。

こんなことに感動しているのは自分くらいかもしれませんが、とりあえず記念にメモ(´▽`*)