Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-02-13

SERIESのドキュメント

| 11:59 | SERIESのドキュメント - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - SERIESのドキュメント - わだばLisperになる

凄く有用そうなのに今一つ普及していない、SERIESパッケージ。

資料も実例のソースコードも非常に少ないというか、全然Google等でも検索に引っ掛からないのですが、みつけられるところでは、CLtL2の付録のドキュメントと、SERIESの配布物の中のs-doc.txt位でしょうか。

日本語チュートリアル的なドキュメントとしては、

があります。

あと、前にこのブログでも試したものを書いてみたりしてたのを思い出しました。

こっちは、私が書いたものなので、内容は保証できませんが…。

そんな感じなのですが、今日AI Memoを漁っていたら、作者のRichard C. Water氏の解説をみつけました。

AIメモの番号は、AIM-1082と、1083です。

1082は大体、添付のs-doc.txtと似たような内容で、1083は理論的な解説です。

SERIESは言語とは、特定の言語とは独立したものだそうで、Pascal版のSERIESも載ってたりしてます。

あと、あんまり関係ないですが、SERIESの前身のような、LetSというものも見付けました、こちらは、AIM-680aですが、なんとなくSERIESよりこっちの方が簡素で分かりやすい気がしないでもありません…。