Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-02-18

家出する局所関数

| 15:05 | 家出する局所関数 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - 家出する局所関数 - わだばLisperになる

もうネタ切れなので、今回はイディオムってよりはただのネタです。

CL策定のためのメーリングリストの1981〜83年頃のメールを眺めててみつけたものです。

元は、レキシカルクロージャ万歳ということで、labelsから定義した関数を外に返してるという例なんですが、ちょっとアレンジしてみました。

;; CL
(mapcar (labels ((fib (n &optional (a1 1) (a2 0))
		   (cond ((zerop n) 0)
			 ((< n 2) a1)
			 ('T (fib (1- n) (+ a1 a2) a1)))))
	  #'fib)
	'(0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10))

;=> (0 1 1 2 3 5 8 13 21 34 55) 

;; Scheme
(map (letrec ((fib 
	       (lambda (n a1 a2)
		 (cond ((zero? n) 0)
		       ((< n 2) a1)
		       (else (fib (- n 1) (+ a1 a2) a1))))))
       (cut fib <> 1 0))
     (iota 11))

;=> (0 1 1 2 3 5 8 13 21 34 55)

他に

(define fib
  (letrec ((f (lambda (c a1 a2)
		(cond ((zero? c) 0)
		      ((< c 2) a1)
		      (else (f (- c 1) (+ a1 a2) a1))))))
    (cut f <> 1 0)))

なんてのも考えてみましたが、Schemeだと、

(define (fib n)
  (define (f c a1 a2)
    (cond ((zero? c) 0)
	  ((< c 2) a1)
	  (else (f (- c 1) (+ a1 a2) a1))))
  (f n 1 0))

と書けるので、なんの意味もないですね(笑)