Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-02-27

CLtL->CLtL2->ANSI CLという流れではなかった

| 01:29 | CLtL->CLtL2->ANSI CLという流れではなかった - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - CLtL->CLtL2->ANSI CLという流れではなかった - わだばLisperになる

自分は、ブログに書くLISPネタを思い付いたり見付けたりしたら、fixdapにメモしているのですが、ブログに書かないうちにどんどん埋没して行ってしまいます。

しかし、溜めておいてもしょうがないので、小ネタでもどんどん書いてみることにしました。

ということで、今回は、comp.lang.lispを眺めていて、おっ、と思ったことを。

Seriesのスレッドだったので読んでいたのですが、ANSI Common Lispに至る話で、Kent M. Pitman氏からCLtL2からANSI CLという流れではないんだよ、との指摘。

割とFAQなのかもしれませんが、自分は知りませんでした。そうだったのか!

ということで、CLtL2を確認してみたのですが、やっぱりそういう風な記述が序文等にありました。

CLtL -> ANSI CL

CLtL -> CLtL2

ってことみたいです。