Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-02-27

Symbolicsと闘っていた頃のRMSのLispコード

| 03:50 | Symbolicsと闘っていた頃のRMSのLispコード - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - Symbolicsと闘っていた頃のRMSのLispコード - わだばLisperになる

RMSがGNUプロジェクトを始める前に、Symbolicsと闘っていたというのは伝説となっていますが、それは1980年代前半頃の話のようです。

Joe Marshall氏が公開しているLMI Lambdaのソースコードには、その時期のものがあるのですが、探してみるとRMSの署名があるものも何点か存在します。

等々…。

ソースの冒頭に信条的なものが書いてあるのですが、GNUプロジェクトを予感させるものだったりして興味深いです。