Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-03-04

QiでL-99 (P01 リストの最後の要素)

| 18:49 | QiでL-99 (P01 リストの最後の要素) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - QiでL-99 (P01 リストの最後の要素) - わだばLisperになる

割と自分は一度に色んな物に手を出して全部失敗する口なのですが、その流れを継承してQiにも手を出してみることにしました。

Qiは…何か凄そうなLISPの方言みたいです。自分は良く分かっていません。

型の扱いとか、パターンマッチとか色々特徴はあるようです。

自分的にはProlog的なパターンマッチが面白そうだったので手を出してみました。

そういう意味では、TAOは、PrologとSmalltalkとLISPが合体しているので、TAOを使ってみたいもんだと思います。

ヤフオクとかにELISが出品されたりしないですかね(笑)

(last [1 2 3 4])
\-> 4 
\

(define last
    [] -> []
    [X | []] -> X
    [_ | X] -> (last X))