Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-03-09

gauche.nightでnlambda (4) 2次会篇 (2)

19:33 | gauche.nightでnlambda (4) 2次会篇 (2) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - gauche.nightでnlambda (4) 2次会篇 (2) - わだばLisperになる

そんなこんなで、新橋に移動。

20名程の大所帯となりました。大所帯な為になかなか場所が決まりませんでしたが、素晴しい手配により場所、決定。

この間、世代が近いnaoya_tさん等と昔のPCについて思い出話をしていました。

場所に移動し、人数が多かったためメインとサブの方に分散して着席

自分は、コアな方々と話をするネタもないので、離れ小島の方へ。

離れ小島には、λ組の皆様とmasa_edwさんが集まり、SWI-Prologが『銀河ヒッチハイク・ガイド』のパロディで、万物の答え42を出すというネタや、ザリガニの脱皮失敗について等あんまりSchemeと関係ないで盛り上がりました。

下らないネタばかり投稿して申し訳ありませんでした(笑)

そんななかで、zickさんが、何かの拍子にnlambdaということを口にしたので、それって、昔の引数を評価しないというnlambdaですか、ときいてみたところ、そのことだとのこと。

指南された方が、1980年代のテイストが好きな方だったそうで、zickさんの「マクロはどうやって実装すれば良いんですかね?」という問に、「ああ、nlambda使えば良いんじゃない?」というお答えでnlambdaを実装することになったということ。

その流れが、普通でない。また、Prologを使うようになったきっかけも、その方のご指南ということだそうですが、色んな意味で凄い!

こういうところ大切にして欲しい!(笑)

ちなみにnlambdaとは、

((nlambda (x) (list x)) foo)
;-> (foo)

のようなもので、こういうのは、fexprと呼ばれ、LISP1.5、INTERLISPMacLISP等、以前の処理系にはfexprをサポートするものがありました。この中で、INTERLISPでは、fexprをnlambdaと呼びます。

INTERLISPにはマクロがないのですが、引数を評価しないnlambdaがあるので、マクロのようなことが可能、という訳で、そういう指南だった訳です。

帰宅して、地獄Lispと地獄Schemeにnlambdaはあるのかなと、実行してみたら、これらにもnlambdaがちゃんとありしました!

何から何まで、他とは違う視点で、かつ結果を出してるってのが、何より凄いなと思いました。

また、Lispが純粋関数型でないところとして、代入があるところと、クオートがあるところ、という話で、代入については分かるけど、クオートが駄目な理由が分からないという話をしたところ、zickさんも、どっかでそういう話をきいたことがあるとのことだったので、shiroさんがに質問できそうなネタといえばこれ位なので、記念に質問してみました。

答えとしては、別にクオートが駄目ということではなく、その人がどう定義しているかによるのではないか?とのことでした。なるほど!

とりあえず良い記念になりました(笑)

そんなこんなで2次会もお開きになり、撤収。

theoriaさんが良い感じに出来上がっていて非常に楽しかったです。

解散の際に、そもそもhayamizさんのλデートに誘われた意味がずっと分からなかったので、訊いてみたところ、「Lispについて、詳しそうだったから…」とのこと。

これもまた、裏切ってしまうことになり非常に申し訳ない!(笑)

あと、S式Dylanが評判良さそうなのが意外でした。

前にマニュアルのリンクを貼っていたと思いましたが、貼ってなかったので、貼ってみます。

皆さん今度は、是非S式Dylanを実装して下さい!

その後、同じ電車のhogelogさんと、プログラミングについてのスタンスや、FPGAの話をしつつ帰宅となりました。

振り返ってみると、思ったより色々な方とお話できて、非常に楽しい時間でした!

自分は変な話しかできませんでしたが、また、何かの機会があれば、またお話して下さい。

gauche.nightでnlambda (3) 2次会篇 (1)

19:33 | gauche.nightでnlambda (3) 2次会篇 (1) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - gauche.nightでnlambda (3) 2次会篇 (1) - わだばLisperになる

イベントも終わりこの後どうするのかと動向を伺いつつ、とりあえず駅へ移動。

この間にbulbさんとxyzzy方面のことについてお話することができました、今後ともよろしくお願いします!

そんなこんなしているうちに新橋で2次会をするという流れになり移動開始。

黒田さんやsanoさん達は、新宿に集まるけど、どうかというお誘いがあり、うおー、黒田さんとお話してみたいと、非常に悩みましたが、先に新橋組と約束してしまったので、新橋の方へ行くことにしました。後で、theoriaさんにそのことを話したところ、ああ、じゃあ一緒に新宿すれば良かたねえ、ということに。

sanoさんの日記によれば、TLUGと合流されたようで、当初2次会はTLUGと合流するのはどうか、という案もあったので、確かに残念でした。

そんなこんなで、電車移動。移動中higeponさんと話す機会があり、自分が「話をしてみたい人リスト」に載っていた理由がいまいち分からなかったのできいてみたところ、Lispマシンことについて書いてるということが印象に残ったということでした。

確かにhigeponさんのSchemeシェル/MONA OSとLispマシンの方向性には非常に近いものがある、と自分も思っていたので納得!

Lispマシンのシェルの動作や、ファイルシステムについて何点か質問して頂きましたが、自分はつっこんだ内容については疎くて、お力になれず非常に申し訳ないです!

また、Lispマシンのファイルシステムの名前空間についてですが、この辺は、Common Lispにも受け継がれているので、この辺を参照して頂くとはっきりするかと思います。

名前空間が分かれているかどうかについては、非常に適当な説明をしてしまった気がしますが、もしかして分かれてはいないのかもしれません…。

ホスト、デバイス、パス等を指定できるのは確かで、様々なOSやネットワーク接続に対応できるような構造になっているのは確かなのですが…。

また、同じパス名は同一のオブジェクトになって、eqで判定できたり色々あるようです。

また、Schemeシェルでは、GUIでファイル操作をする予定とのことでしたが、そういえば、LispマシンにもGUIのインターフェースがあったな、と書いていて気付いたので、リンクを貼っておきます。

ここに置かれているビデオ Video 4、(ファイル名lispm3.mov)では、Lispマシンのシェル操作、Explorerのようなファイル操作インターフェースを解説しています。

また、 Video 3(ファイル名lispm2.mov)では、話に出て来た、グラフィック描画したオブジェクトをマウスで掴んで評価したり、という説明があります。

いづれにせよ、ここのビデオは、もれなくLispの開発環境製作者、Lispシェル製作者には参考になるんじゃないかと思うので、是非全部視聴されることをお勧めしたい!と個人的には思っています。