Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-03-21

ArcでL-99 (P40 ゴールドバッハ予想)

| 01:10 | ArcでL-99 (P40 ゴールドバッハ予想) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - ArcでL-99 (P40 ゴールドバッハ予想) - わだばLisperになる

Wikipediaによれば、一般的には、6以上の偶数は、2つの奇素数の和で表わすことができる、という予想らしいのですが、この問題では、2より大きい偶数は2つの素数の和で表わせる、という説明になっています。

ということで、一応お題の定義の方で作成してみました。

(goldbach 88888888888)
;=> (29 88888888859)

(def goldbach (n)
  (point RETURN
    (if (or odd.n (> 4 n))
        RETURN.nil
        ((afn (i)
           (let j (- n i)
             (when prime.j
               (RETURN:list i j)))
           (self next-prime.i))
         2)))))