Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-03-23

(setf (values ~))

| 10:40 | (setf (values ~)) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - (setf (values ~)) - わだばLisperになる

気合いを入れてエントリとして纏めるのは面倒だけれど、メモしておきたいことを*standard-output*エントリとして書いてみることにしました。

  • いつもmultiple-value-setqを書いてて思い出すけど、(setf (values x y) (values 1 2))で複数の値を一度にセットできることを忘れがち。
  • MacLISPのコードを読んでいて、(setq x 10 x/' 11 y 20)のような記述を発見。/はエスケープ文字で、Common Lispでは、\になる。エスケープしてまで、x'と表現する意気込みに感心。割とエスケープしてでも意図通りに書く、というのは、MacLISPには多い気もする。