Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-03-28

名前付き〜

| 19:56 | 名前付き〜 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - 名前付き〜 - わだばLisperになる

BLTで思い出したけれども、以前ブロック構造についてのエントリを書いた後で(LET、LAMBDA、PROGN色々 - わだばLisperになる - cadr group)、色々な名前付きスペシャルフォームが、単一のblockスペシャルフォームに纏められた、という流れがあったことが分かった。(後期MacLISPのメーリングリストの内容やLispマシンのマニュアルから)

きっとそのうち忘れ去るので、メモ。

具体的な流れとしては、

;; 名前付きスペシャルフォーム
(prog george ((i 0) (j 0))
 ...
 (return-from george))

(do-named george ((i 0) (j 0))
  ((< 10 i)))
 ...
  (return-from george))
  1. ネストしたprogや、do等で任意のところへ脱出するため、progや、doが名前を付けられるように改良された。併せて、return-from登場。(1979年とかその辺)
  2. 名前付きフォームが乱立しはじめる。
  3. そこでblock導入(Common Lisp登場と同時期)(1983年とかその辺)
  4. 名前付きスペシャルフォーム滅びる

全然関係ないけれど、Lispマシンのマニュアル等ではブロックの名前として何故かgeorgeが多い。