Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-01

ArcのzapとTAOの!!

| 19:07 | ArcのzapとTAOの!! - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - ArcのzapとTAOの!! - わだばLisperになる

Arcのzapは、

(set x (+ x 1))

のような代入を

(zap + x 1)

のように書けるようにする。確かに代入においてこのパターンは多いかもしれない。

C等での、+=等に相当する様子。

この構文で思い出すのが、TAOの!!で、TAOでは、上記を

(!!+ !x 1)

と書ける。

!xというのがミソでどの変数に代入するかを!を付けることで指定できるので、

(let ((x nil)
      (y 42))
  (!!cons y !x))
y ;=> 42
x ;=> '(42)

ということもできる。

改めてTAOの自己代入式を検索してみたら、以前リードマクロとしてCLで作った自分のエントリが出てきてしまった。

自分の関心はなんか同じところをぐるぐる回っているような…。