Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-05

QiでL-99 (P21 指定した位置に要素を挿入する)

| 21:57 | QiでL-99 (P21 指定した位置に要素を挿入する) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - QiでL-99 (P21 指定した位置に要素を挿入する) - わだばLisperになる

Qiにはバックトラックの構文もあって非決定性プログラミングの解説もチュートリアルにあります。

しかし説明が難しくて全然分からない(笑)

(insert-at alfa [a b c d] 2)
\=> [a alfa b c d]
\

(define insert-at
  Item [ ] _ -> [Item]
  Item Lst Pos -> [Item | Lst] where (>= 1 Pos)
  Item [H | T] Pos -> [H | (insert-at Item T (- Pos 1))])