Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-11


QiでL-99 (P26 指定した個数を抜き出す組み合わせ)

| 08:14 | QiでL-99 (P26 指定した個数を抜き出す組み合わせ) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - QiでL-99 (P26 指定した個数を抜き出す組み合わせ) - わだばLisperになる

Qiでは今迄あまり無名関数を使ってませんでしたが、(lambda (x) x)は、Qiでは、(/. X X)と書きます。/.をλと見立てているようなんですが…。

(combination 3 [a b c d e f])
\=> [[a b c] [a b d] [a b e] ... ]
\

(length (combination 3 (range 1 12)))
\=> 220
\

(define combination 
  0 Lst -> [ ] 
  1 Lst -> (map (/. X [X]) Lst)
  N Lst -> [ ] where (> N (length Lst))
  N [H | T] -> (append (map (/. X [H | X]) (combination (- N 1) T))
                       (combination N T)))

GOOでL-99 (P10 ランレングス圧縮)

| 07:32 | GOOでL-99 (P10 ランレングス圧縮) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - GOOでL-99 (P10 ランレングス圧縮) - わだばLisperになる

P09の定義を利用してランレングス圧縮を作成します。

今回も、コレクションクラスで作成。

前回作成した補助関数my-pack1を利用しました。

GOOの総称関数のディスパッチはCLOSのようにより特定なクラスが優先されます。

下記の例でも二つのメソッドのうちストリングクラスの定義の方が上位クラスのコレクションクラスより特定的なのでそちらが優先されています。

funは、CL/Schemeのlambdaで、Arcのfnのようなネーミングです。

Arcの[foo _]に対応する形式としては、(op foo _)というものがあります。

(encode '(a a a a b c c a a d e e e e))
;=> ((4 a) (1 b) (2 c) (2 a) (1 d) (4 e))
(encode #(a a a a b c c a a d e e e e))
;=> #((4 a) (1 b) (2 c) (2 a) (1 d) (4 e))
(encode #[a a a a b c c a a d e e e e])
;=> #[(4 a) (1 b) (2 c) (2 a) (1 d) (4 e)]
(encode "aaaabccaadeeee")
;=> "4;a,1;b,2;c,2;a,1;d,4;e"

(dm encode (u|<col> => <col>)
  (as (class-of u)
      (map (fun (x) `(,(len x) ,(head x)))
           (my-pack1 u))))

(dm encode (u|<str> => <str>)
  (join (map (fun (x) (cat (to-str (len x)) ";" (to-str (head x))))
             (my-pack1 u))
        ","))