Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-16

返り値の型を明示してコンパイラの気を引く試み

| 15:55 | 返り値の型を明示してコンパイラの気を引く試み - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - 返り値の型を明示してコンパイラの気を引く試み - わだばLisperになる

DylanでもGOOでも(もちろんGOOはDylanの影響大)、定義時に返り値の型をチェックするように書くことができる。

割と良い感じだと思うので、CLでやったらどんな感じになるのかなと思って作ってみた。

(defmacro defunt (name (&rest args) => type &body body)
  (unless (eq => '=>) (error "foo!"))
  (let ((/result (gensym)))
    `(eval-when (:compile-toplevel :load-toplevel :execute)
       (setf (symbol-function ',name)
             (lambda ,args
               ((lambda (,/result)
                  (the ,type ,/result))
                (block ,name
                  (locally
                      ,@body)))))
       ',name)))

あまり考えてない定義だけど、とりあえず

(defunt fib (n) => list
  (if (< n 2)
      n
      (+ (fib (1- n))
         (fib (- n 2)))))

;>>> Asserted type LIST conflicts with derived type (VALUES NUMBER &OPTIONAL).

のように書くと、コンパイルの時点で型が競合していることを教えてくれたりはする。

多値に対応するにはもう一捻り必要…。