Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-24

LISP引きこもり生活 (5) なんでもCL-USERに取り込めの巻

| 02:28 | LISP引きこもり生活 (5) なんでもCL-USERに取り込めの巻 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - LISP引きこもり生活 (5) なんでもCL-USERに取り込めの巻 - わだばLisperになる

前回から2ヶ月ぶり位になってしまいましたが、「LISP引きこもり生活」はこれから続きものということで毎週水曜日に書こうと思っています!

「LISP引きこもり生活」はCLのイメージからできるだけ外出しないようにする試みです。

前回までは、お世話になったzshなどを放棄し、Lispマシン風にSLIMEからなんでも操作しよう!という流れでした。

この2ヶ月で変ったことといえば、シェル操作(OS操作)でzsh以上の便利さがなかなか実現できず、結局段々zsh様を使うことが増えて来ました(笑)

これではいけないな。CLASHとか導入してみようかな…。

それと、生活用にHOMEパッケージというものを定義してみたのですが、割と中途半端な存在で、これだったら、CL-USERにがんがん自作ユーティリティをつっこんでしまっても良いのではないかと思い、なんでもCL-USERに取り込んで、LISPイメージをダンプするようにしました。

ASDFや、ASDF-INSTALLも、USE-PACKAGEしていますが、ぶつかるものもないので普段の生活にはこっちの方が便利かもしれません。

もともとCL-USERはユーザの為の作業空間な気がするので、少々汚なくなっても良いかなと。

もちろんCLパッケージからエクスポートされている関数の名前をつけかえるようなことはまずいですが…。

なんにしろこういうカスタムイメージは作業するのには非常に便利かなと思います。