Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-24

Getting Started in *LISP (6)

| 23:37 | Getting Started in *LISP (6) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - Getting Started in *LISP (6) - わだばLisperになる

*LISPのチュートリアルを細々とさらっております。今回は、1.2.5章から再開

1.2.5 Personalize Your System

このセクションは作成したプログラムファイルのロードについて等の記述に軽く触れている程度の内容です。

1.3 Exiting From *LISP

*LISPはコネクションマシンに接続されたホストから操作するのですが、ホスト機としては、SUNのUNIXワークステーションや、SymbolicsのLispマシンが対応していました。

ホスト機のLispの処理系は、Lucid Common Lisp、Symbolicsは、Symbolics Common Lisp(だったのかな?)のようです。

面白いのが、Symbolicsの方は、Lispマシンということもあって、終了の方法は、パッケージを移動するだけ、というところ。

UNIXは、最近のCL処理系と同じく(quit)とかしてシェルに抜けます。

次回、第2章から再開で、パラレル変数の扱い等々です。