Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-25

CLOSでL-99 (P19 指定した位置でローテーション)

| 12:21 | CLOSでL-99 (P19 指定した位置でローテーション) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - CLOSでL-99 (P19 指定した位置でローテーション) - わだばLisperになる

色々な型に対応する、という方向に趣旨を変更したので、ずるいけど既存の関数は普通に使うことにした。

ポジション指定が0の場合は、元の配列をコピーして返すようにしたけれど、コピーしないで返した場合、破壊的な関数の部類になってしまうんだろうか。

この関数自体は破壊していないけれど、次に来る関数が破壊的操作を加えるものだとすると、なんとなくそういう気はする…。

(rotate '(a b c d e f g h) 3)
;=> (D E F G H A B C)
(rotate '(a b c d e f g h) -2)
;=> (G H A B C D E F)
(rotate #(a b c d e f g h) 3)
;=> #(D E F G H A B C)
(rotate #(a b c d e f g h) -2)
;=> #(G H A B C D E F)
(rotate "abcdefgh" 3)
;=> "defghabc"
(rotate "abcdefgh" -2)
;=> "ghabcdef"

(defgeneric ROTATE (sequence position)
  (:documentation "Rotate a list N places to the left."))

(defmethod ROTATE ((sequence sequence) (position integer))
  (let ((position (if (minusp position)
                      (+ position (length sequence))
                      position)))
    (concatenate (class-of sequence)
                 (subseq sequence position)
                 (subseq sequence 0 position))))

(defmethod ROTATE ((sequence sequence) (position (eql 0)))
  (copy-seq sequence))