Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-27

SLIME勉強会@新宿 4/26 (土) 13:00〜20:00 (5)

| 23:28 | SLIME勉強会@新宿 4/26 (土) 13:00〜20:00 (5) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - SLIME勉強会@新宿 4/26 (土) 13:00〜20:00 (5) - わだばLisperになる

雑談篇

(1)〜(4)のような感じで、SLIMEを俯瞰してみていました。

改めて確認してみると、使っていなかった便利機能が結構ありました。

自分は、slime-selectorは全然使っていなかったのですが、使ってみたところ結構便利なので、積極的に使っていこうという感じです。

また、SLIMEとanything.elを組み合わせたりすれば、もっと便利に使えるようになりそうです。(私はanything.elを活用できていないので実際にできるのかどうか良く分かっていませんが(笑))

本編は、3時間位だったと思うのですが、そこから4時間位雑談が続きました!

以下、雑談で出たネタを纏めてみたいと思います。

実際に勉強会として集合するのは、割とエネルギーが必要、IRCで勉強会というのはどうだろう。

→まあまあ良いのでは?

日本で、IRCのLISP部屋として盛り上がっているのはどこか

→どこにもないのでは?

海外のfreenode.netの#lispは過去ログが閲覧できるプログラムが動いていて、また、HyperSpecが呼べたりlisppateというペーストしたコードを綺麗に表示してくれるサイトと連携できるようになっていて、非常に便利そう。

lisppateの機能自体は、CLのプログラムとして配布されている。

そのなかの、colorize.lispはコードをハイライト表示でHTMLにしてくれるプログラムで便利に使えそう。

lisppasteは、asdf-install可能。…でも依存パッケージがリンク切れ…。

組み込み用途などでLISPの便利さを生かせないか

ECL等、Cのコードを生成してくれる処理系を使ってみたが、なかなか思ったようなのがない。

GOOは、インラインでCのコードを書けたり、作者が組み込みに興味があるようなので、Cや組み込み分野との親和性は高そう。

http://people.csail.mit.edu/jrb/goo/

http://people.csail.mit.edu/jrb/Projects/alien-goo-intro.html

http://people.csail.mit.edu/jrb/Projects/alien-goo-talk.pdf

vcgoo154a.zipなどもあるので、Windowsでも行けるかも

ちょっと違うけれど、CをS式風に書けるのもある。

http://www.cliki.net/scexp

コードが消失していて、

http://jsnell.iki.fi/tmp/scexp-0.9.tar.gz

に置いてあるのが見付かるだけ…。

リストの破壊的操作について。ポインタ操作系。
(defun nrev (lst)
  (do ((1st (cdr lst) (if (endp 1st) 1st (cdr 1st)))
       (2nd lst 1st)
       (3rd () 2nd))
      ((atom 2nd) 3rd)
    (rplacd 2nd 3rd)))

(let ((foo '(1 2 3 4)))
  (nrev foo))
;=> (4 3 2 1)

等々、rplacaや、rplacdを駆使した分かりづらいコード。

去年ちょっとしたOn Lispブームのようなものがあった気がするが、何でなんだろうか。

On LispはCLのマクロがテーマという非常に特殊な本だと思うんだけれど…。

→やっぱり、Paul Grahamがカリスマということなのでは?

xyzzyで、defpackageでexportを指定しても、exportしてくれないのはどういう理由?

→バグな様子。

CLには、edというエディタを呼び出す関数が標準で装備されている

→edは、Lispマシンでは、Zmacsを呼び出すものだった。

→4.x BSDがメインターゲットだったFranz Lispでは、viという関数があり、viを呼び出すようになっていた。

BSDだし勿論メジャーなエディタはEMACSではなくvi。

(調べたら、exもありました。vilや、exlもあって、これは編集後ロードするというもの)

viも昔は、LISP編集に便利な機能が沢山あったらしい(あった筈)

等々他にも沢山ネタがあったと思うのですが、メモ取ってなかったので忘れてしまいました…。

まとめ

自分の突発的な見切り発車で色々ご迷惑をお掛けすることがあったと思うのですが、お付き合い頂いて本当にありがとうございました!

次回、勉強会ですが、実際に現地に集合するのは、会場の確保等、なかなか難しいところがあるので、IRCで開催してみるのはどうかチャレンジしてみたいと思います!