Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-29

DylanでL-99 (P04 リストの長さ)

| 03:31 | DylanでL-99 (P04 リストの長さ) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - DylanでL-99 (P04 リストの長さ) - わだばLisperになる

Dylanでは、シンボルの大文字と小文字を区別しないみたいです。つまりCLと同じ。

ということは、好きに大文字と小文字を混在させて書いたりできるわけですね。

今回reduceを使ってみましたが、引数の順番が決まってるところが違う位でCLのreduceと緒です。

mapや、reduceとなると、無名関数を使いたくなるわけですが、Dylanでは、(lambda() ...)はmethod() ... endと書かれ、クロージャを作るのにもmethodです。

((lambda (x) (+ 3 x)) 97)

は、

method(x)
  3 + x
end(97);

といった感じになるみたいです。

うーん、知れば知るほど中間記法のCLOSという印象は強まります…。

format-out("%d\n", len(#(foo:, bar:, baz:, quux:)));
//=> 4
format-out("%d\n", "foo bar baz".len); // こういう風にも書けるらしい
format-out("%d\n", len("foo bar baz"));
//=> 11

// Code
module: l99-04

define generic LEN
    (sequence :: <sequence>)
 => (result :: <integer>);

define method LEN
    (sequence :: <sequence>)
 => (result :: <integer>)
  reduce(method(res, _) 1 + res end,
         0,
         sequence)
end method LEN;