Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-04-30

FARE-MATCHER

| 09:18 | FARE-MATCHER - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - FARE-MATCHER - わだばLisperになる

今回は、先日Gauche本の勉強でも使ったFARE-MATCHERです。

これは、CLに色々なパターンマッチの構文を提供するものです。

パッケージ名fare-matcher
ClikiCLiki: fare-matcher
ASDF-INSTALL
ドキュメントCLiki: fare-matcher-docs

(asdf-install:install :fare-match)一発で可能です。

fareというつづりがどっかで見たことがあるなあ、と思っていたのですが、作者がLispマシンのまとめページ等でお馴染のFare Rideau氏でした。

なるほど、それで、fare-matcherなんですね。

使い方は、上のドキュメントに詳しいですが、matchの使い勝手は、結構良いのではないかと思いました。ecaseとcaseの関係のように、マッチしないとエラーになるematch。destructuring-bindの代わりに使えそうな、letm、これらのマクロの基本となっているifmatchがあります。

(use-package "FARE-MATCHER")

(ifmatch (list a b) '(a b)
	 (list a b) 
	 nil)
;=> (A B)

(let ((pat '(:foo :bar)))
  (match pat
    ((list a b c) (list a b c))
    ((list a b) (list a b))
    (_ "マッチしませんでした")))
;=> (:FOO :BAR)

(let ((pat '(:foo :bar :baz :quux)))
  (ematch pat
    ((list a b c) (list a b c))
    ((list a b) (list a b))))
;!>>> match-failed

(letm (list* a b c d) '(1 2 3 4 5)
  (list a b c d))
;=> (1 2 3 (4 5))

(letm (values a b) (values 1 2)
  (list a b))
;=> (1 2)

(ifmatch (and a (of-type integer *)) '(1)
	 a)

(ifmatch (and x (cons (of-type integer) *)) '(2)
	 x)
;=> (2)

(ifmatch (like-when (cons x y) (eql x y)) '(2 . 2) x)
;=> 2

(ifmatch (like-when `(,x ,@y) (eql x y)) '(2 . 2)
	 x)

(defun my-length (lst)
  (ematch lst
    (`(,* ,@tail) (1+ (my-length tail)))
    (() 0)))

(MY-LENGTH '(foo bar baz))
;=> 3