Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-05-10

GOOでL-99 (P15 要素を任意回数複製する)

| 18:03 | GOOでL-99 (P15 要素を任意回数複製する) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - GOOでL-99 (P15 要素を任意回数複製する) - わだばLisperになる

色々な型に対応しようと思うと、どうも再帰というよりは、forのようなループを多用してしまうような…。

LISPで再帰を多用するのは、扱うデータが主にリストだからという面もあるのでしょうか。

;(repli '(a b c c d) 3)
;=> (a a a b b b c c c c c c d d d)

;(repli #(a b c c d) 3)
;=> #(a a a b b b c c c c c c d d d)

;(repli #[a b c c d] 3)
;=> #[a a a b b b c c c c c c d d d]

;(repli "abccd" 3)
;=> aabbccccdd

(dg repli (u|<seq> times|<int> => <seq>))

(dm repli (u|<seq> times|<int> => <seq>)
  (def res (packer-fab <lst>))
  (for ((x u))
    (for ((i (range 1 <= times)))
      (pack-in res x)))
  (as (class-of u) (packed res)))