Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-05-31

第2回 突発性CL勉強会@Lingr 8時だョ!全員集合 告知

| 21:05 | 第2回 突発性CL勉強会@Lingr 8時だョ!全員集合 告知 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - 第2回 突発性CL勉強会@Lingr 8時だョ!全員集合 告知 - わだばLisperになる

前回新宿ルノアールでのCL勉強会も早いもので、もう1ヶ月も前のこととなってしまいました。

皆様のお蔭でSLIME勉強会は、非常に自分にとってためになるもので、SLIMEの使い方もそれ以前よりつっこんだ使い方ができるようになりました。

さて、以前、私は、CLの勉強会をどんどん増してゆこうと画策いたしておりました。

それで、物理的に集合するのは場所の確保等が大変なので、オンラインではどうかと思っておりました。

それには、まず、開催する場所が必要ということで、LingrのCommon Lisp部屋を作ってみたり、丁度、同時期にできたfreenodeの#lisp_schemeチャネルに出入りして、どんなもんかと考えつつ、ぼんやりと1ヶ月経過。

しかし、あれこれ考えても、しょうがない気がしてきたので、とりあえず開催してみることにしました。

開催というか、単なる呼掛けなのですが…。

今回のお題は、「Tutorial on Good Lisp Programming Style」というPeter Norvig氏と、Kent Pitman氏のCLのプログラミング書法論のようなものを題材にしたいと思います。

現在考えているのは以下のようなものです。

場所:Lingr: Common Lisp部屋
日時6/7 (土) 20:00から適当(途中参加/離脱/ROM歓迎)
題材「Tutorial on Good Lisp Programming Style」(日本語訳:良いLispプログラミングスタイル)
対象者CLer、Common Lispってどんなもんか知りたい人向け。後半、若干CLに依存した内容が多くなりますが、大体Lisp系言語には共通している内容と思われます。
勉強会の進行テキストを最初から参加者が眺めてゆき、質問があったり、議論になりそうなことがあったら議論してゆきます。
勉強会の目標CLに関して一つ位賢くなった気になること

心配していることは、Lingrだと発言が重なると画面にうまく反映されないことがある気がするところです。

また、なにかもっと良い題材、進行のアイディアありましたら是非教えて頂ければと思います!

ちなみに、上手く行っても行かなくても、土曜の20時にお題を変えて毎週やってみようかしらとも思っています(´▽`*)