Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-06-15

LispマシンとCDR-Coding

| 14:50 | LispマシンとCDR-Coding - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - LispマシンとCDR-Coding - わだばLisperになる

今回の勉強会でLispマシンを取り上げてみたのですが、zickさんのブログエントリでの反応で、CDR-Codingについて言及がありました。

「Lispマシンといえば、CDRコーディング」というというところがマニアックかつ正統派というか凄いですね(笑)

CDR-Codingについては、Lispマシンの最初のレポートにも記述がありまして、割と目玉なところだったようです。

今回自分もこのAIM-444を読んでみて、色々発見があったのですが、Lispマシンについてだけでなく、Lisp-machine Lispがどういう風に実装されていたかを知る資料としても面白いものかと思います。

今回勉強会で言及していないものは沢山あるのですが、「スタック」、「CDR-Coding」、「タグアーキテクチャとLISP」等は目玉のところかなと思いますし、LISP処理系を作る人にも面白い読み物かなと思いますのでお勧めです。

また、CDR-Codingについては、GLSがAI Memoで詳しく解説しているものがあってこれも面白いです。