Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2008-07-10

サンプルコードによるLOOPマクロ入門 (8)

| 18:27 | サンプルコードによるLOOPマクロ入門 (8) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - サンプルコードによるLOOPマクロ入門 (8) - わだばLisperになる

for/as色々

全く計画性もなく書いてるので話題が前後してしまいますが、値を生成する:for節は色々な書き方ができます。

また、:forは別名で:asとも書けます。

初期値〜更新

DOマクロのように初期化〜更新を組で書くことができます。

この場合、:=と、:thenを組で使用します。

(loop :as i := 0 :then (1+ i)
      :repeat 10            ;これがないと止まりません。
      :collect i)
;=> (0 1 2 3 4 5 6 7 8 9)

更新部分と初期化部分が同じ場合、更新部分を省略できます。

(loop :for i := 0       ;毎度0が代入される
      :repeat 10
      :collect i 
      :do (setq i nil)) ;iをnilに変更して邪魔をする。
;=> (0 0 0 0 0 0 0 0 0 0)