Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2009-11-23

KMRCLを眺める (20) in

| 06:16 | KMRCLを眺める (20) in - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (20) in - わだばLisperになる

今日は、KMRCLのmacros.lispの中からINです。

これは、On Lisp由来のマクロだと思われます。

使われ方は、

(IN 1 1 2 3 4 5)
;⇒ T

という感じでしょうか。

最初の要素がそれ以降の要素群に存在した場合にTになるというもので、MEMBERに比べてコンシングを減らせるというのが特長のようです。

定義は、

(defmacro in (obj &rest choices)
  (let ((insym (gensym)))
    `(let ((,insym ,obj))
       (or ,@(mapcar #'(lambda (c) `(eql ,insym ,c))
                     choices)))))

という感じで

(IN 1 1 2 3 4 5)

;%>>>
(LET ((#:G89595 1))
  (OR (EQL #:G89595 1)
      (EQL #:G89595 2)
      (EQL #:G89595 3)
      (EQL #:G89595 4)
      (EQL #:G89595 5)))

のようにEQLの連鎖に展開されます。