Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2009-11-25

KMRCLを眺める (22) with-gensyms

| 23:26 | KMRCLを眺める (22) with-gensyms - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (22) with-gensyms - わだばLisperになる

今日は、KMRCLのmacros.lispの中からWITH-GENSYMSです。

WITH-GENSYMSは、標準のCLに含まれていないマクロでは有名なものの一つではないでしょうか。

これもOn Lisp由来だったと思います。

使われ方は、

(DEFMACRO MY-LOOP (&BODY BODY)
  (WITH-GENSYMS (TOP)
    `(BLOCK NIL
       (TAGBODY 
        ,TOP
          ,@BODY
          (GO ,TOP)))))

という感じでしょうか。

単に、LETとGENSYMの組み合わせで書けば良いのですが、GENSYMする変数が多くなると確かに便利です。

定義は、

(defmacro with-gensyms (syms &body body)
  `(let ,(mapcar #'(lambda (s) `(,s (gensym)))
          syms)
     ,@body))

という感じで、これもやりたいことそのままな定義ですね。

WITH-GENSYMSは、色々なライブラリに含まれていることが多いのですが、WITH-UNIQUE-NAMESという名前で含まれていることが多いようです。確かにWITH-UNIQUE-NAMESの方が説明的な名前ではあります。

Arcでも、w/uniqという、WITH-UNIQUE-NAMES的な名前で含まれています。