Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2009-11-28

KMRCLを眺める (25) mv-bind

| 21:28 | KMRCLを眺める (25) mv-bind - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (25) mv-bind - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのmacros.lispの中からMB-BINDです。

定義は、こんな感じですが、

(defmacro mv-bind (vars form &body body)
  `(multiple-value-bind ,vars ,form
     ,@body))

明らかにMULTIPLE-VALUE-BINDと打つのが面倒もしくは名前短かくしてソース読みやすくしたい、的なマクロです。

自分はslimeだとmvbindと打ってCtrl-Meta-Iで補完してMULTIPLE-VALUE-BINDと入力しているのですが、候補にMV-BINDが引っ掛かってきて逆に迷惑です(笑)

脱線しますが、MULTIPLE-VALUE-BINDには天下のPG(ポール・グレアム)もbindという名前を付けてたみたいです。

(defmacro bind (&rest args)
  `(multiple-value-bind ,@args))

さらに、まったくどうでも良いことなのですが、MULTIPLE-VALUE-BINDがなんでbindまで短かくなるのか疑問です。しかし、S式だった頃のDylanを眺めてみるとbindという名前でMULTIPLE-VALUE-BINDの様な構文を提供していたので、もしかしてここから来てるのかなあと想像してます。(他にもDylan由来の関数を色々紹介してたりするので…)