Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2009-12-16

KMRCLを眺める (40) REMOVE-KEYWORD

| 22:31 | KMRCLを眺める (40) REMOVE-KEYWORD - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (40) REMOVE-KEYWORD - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのlists.lisp中からREMOVE-KEYWORDです。

名前から想像するに、キーワード引数を処理するような場合に使えそうですが、定義は、

;; ECL doesn't allow FOR clauses after UNTIL.
#-ecl
(defun remove-keyword (key arglist)
  (loop for sublist = arglist then rest until (null sublist)
        for (elt arg . rest) = sublist
        unless (eq key elt) append (list elt arg)))

となっています。

動きを確認してみると、

(REMOVE-KEYWORD :BAR () )
;⇒ NIL

(REMOVE-KEYWORD :BAR '(:FOO))
;⇒ (:FOO NIL)

(REMOVE-KEYWORD :BAR '(:FOO 1 :BAR 2 :BAZ 3))
;⇒ (:FOO 1 :BAZ 3)

(REMOVE-KEYWORD :BAR '(:FOO 1 :BAR 2 :BAZ 3 :E))
;⇒ (:FOO 1 :BAZ 3 :E NIL)

というところで、

(LET ((KEYS (LIST :TEST #'EQL :FROM-END 'T)))
  (APPLY #'MEMBER 1 '(1 2 3 4) 
         (REMOVE-KEYWORD :FROM-END KEYS)))
;⇒ (1 2 3 4)

などど使うのかもしれません。

ちなみに、

;; ECL doesn't allow FOR clauses after UNTIL.

という風にコメントがあるのですが、確かに、上の定義では動きません。

しかし、

(DEFUN REMOVE-KEYWORD (KEY ARGLIST)
  (LOOP :FOR (ELT ARG . REST) :ON ARGLIST :BY #'CDDR
        :UNLESS (EQ KEY ELT) :COLLECT ELT :AND :COLLECT ARG))

とでも書けば、ECLでも動くんじゃないかと思うんですが(実際問題なく動きます)謎です。