Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2009-12-23

KMRCLを眺める (46) MAPCAR2-APPEND-STRING

| 03:13 | KMRCLを眺める (46) MAPCAR2-APPEND-STRING - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (46) MAPCAR2-APPEND-STRING - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのlists.lisp中からMAPCAR2-APPEND-STRINGです。

このまえのMAPCAR-APPEND-STRING系統と同じように-NONTAILRECが付かないのが末尾再帰バージョンです。

動作は、

(MAPCAR2-APPEND-STRING 
 (LAMBDA (X Y &AUX (X (STRING-CAPITALIZE (PRINC-TO-STRING X)))
                   (Y (PRINC-TO-STRING Y)))
   (CONCATENATE 'STRING X Y))
 '(FOO BAR BAZ)
 '(1 2 3 4))
;⇒ "Foo1Bar2Baz3"

というところ。

定義は、

(defun mapcar2-append-string (func la lb &optional (accum ""))
  "Concatenate results of mapcar lambda call's over two lists"
  (let ((a (car la))
        (b (car lb)))
    (if (and a b)
        (mapcar2-append-string func (cdr la)  (cdr lb)
                               (concatenate 'string accum (funcall func a b)))
      accum)))

とこれまた末尾再帰であることが確認できます。

やっぱりIFのインデントが読みにくいんですが、割とインデントでパターンを認識してる割り合いが高いということなのかもしれません。

どうにも一番最後のaccumがIFの外にあるように見えてしまう…。