Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2009-12-24

KMRCLを眺める (47) APPEND-SUBLISTS

| 03:02 | KMRCLを眺める (47) APPEND-SUBLISTS - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (47) APPEND-SUBLISTS - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのlists.lisp中からAPPEND-SUBLISTSです。

名前からするとSUBLISTをAPPENDするんだろうという感じですが、そのままです。

実装は、

(defun append-sublists (list)
  "Takes a list of lists and appends all sublists"
  (let ((results (car list)))
    (dolist (elem (cdr list) results)
      (setq results (append results elem)))))

という風になっていて、DOLISTで順にAPPENDしています。

動作は、

(DEFVAR *LIST*
  '((FOO BAR BAZ (:QUUX))
    (:FOO :BAR :BAZ (QUUX))
    (1 2 3 (4))))

(APPEND-SUBLISTS *LIST*)
;⇒ (FOO BAR BAZ (:QUUX) :FOO :BAR :BAZ (QUUX) 1 2 3 (4))

つまり、

(APPLY #'APPEND *LIST*)
;⇒ (FOO BAR BAZ (:QUUX) :FOO :BAR :BAZ (QUUX) 1 2 3 (4))

で良いんじゃないかなと思いますが、ANSI CLだと、CALL-ARGUMENTS-LIMITは50ということもあり得るので、そういうためのAPPEND-SUBLISTSなのかもしれません。

といっても

(REDUCE #'APPEND *LIST*)
;⇒ (FOO BAR BAZ (:QUUX) :FOO :BAR :BAZ (QUUX) 1 2 3 (4))

として回避する方が多いような気はしますが…。

しかし関数名が説明的というところは長所かもしれません。