Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-01-02

KMRCLを眺める (56) UNIQUE-SLOT-VALUES

| 00:33 | KMRCLを眺める (56) UNIQUE-SLOT-VALUES - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (56) UNIQUE-SLOT-VALUES - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのlists.lisp中からUNIQUE-SLOT-VALUESです。

lists.lispは今回で終了。

名前からするとスロットの値をどうこうするという感じですが、どのあたりがリストユーティリティなのか謎です。

定義は

(defun unique-slot-values (list slot &key (test 'eql))
  (let ((uniq '()))
    (dolist (item list (nreverse uniq))
      (let ((value (slot-value item slot)))
        (unless (find value uniq :test test)
          (push value uniq))))))

という感じで、この定義から使い方を察すると

(IMPORT '(SHIBUYA.LISP:CUT SHIBUYA.LISP:<>))

;; Aというスロットを持つオブジェクトを定義
(DEFCLASS FOO ()
  ((A :INITFORM 0 :INITARG :A)))

;; スロットAの値が、1 2 3 4 5 4 3 2 1のインスタンスを作成し
;; リストに格納
(DEFVAR *INSTANCES*
  (MAPCAR (CUT MAKE-INSTANCE 'FOO :A <>)
          '(1 2 3 4 5 4 3 2 1)))

;; スロットの中身を確認
(MAPCAR (CUT SLOT-VALUE <> 'A) 
        *INSTANCES*)
;=> (1 2 3 4 5 4 3 2 1)

;; UNIQUE-SLOT-VALUESを使ってみる
(UNIQUE-SLOT-VALUES *INSTANCES* 'A)
;=> (1 2 3 4 5)

色々なインスタンスの同名のスロットの中を覗いて値の重複を除外したものを集める関数のようです。

一体、どういうところに使うんでしょう…。