Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-01-21

KMRCLを眺める (69) PRINT-LIST

| 01:22 | KMRCLを眺める (69) PRINT-LIST - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (69) PRINT-LIST - わだばLisperになる

今回はKMRCLのio.lisp中からPRINT-LISTです。

動作は、

(WITH-OUTPUT-TO-STRING (OUT)
  (PRINT-LIST '(1 2 3 4) OUT))
⇒ "1
2
3
4
"

となっていて、リストの内容を一つずつPRINTするというものです。

定義は、

(defun print-list (l &optional (output *standard-output*))
  "Print a list to a stream"
  (format output "~{~A~%~}" l))

PRINT-LISTと名前が付いてた方が便利な気もしますが、そのまま(format output "~{~A~%~}" '(1 2 3 4))と書く人が多い気がしないでもないです。