Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-01-27

KMRCLを眺める (74) IS-DST

| 23:19 | KMRCLを眺める (74) IS-DST - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (74) IS-DST - わだばLisperになる

今回はKMRCLのio.lisp中からIS-DSTです。

DSTってなんだと思って調べてみるとdaylight saving timeということで夏時間のことなんですね。

日本に住んでるとあまり馴染がないですが、CLのUNIVERSAL-TIMEでも夏時間を扱うことができます。

ということで、定義を眺めてみると

(defun is-dst (utime)
  (with-utime-decoding (utime)
    daylight-p))

という風に以前に定義したWITH-UTIME-DECODINGを利用してDAYLIGHT-Pのところを抜き出しています。

動作例は、

(IS-DST (GET-UNIVERSAL-TIME))
;⇒ NIL ;もしくはT