Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-02-11

KMRCLを眺める (85) CANONICALIZE-DIRECTORY-NAME

| 21:49 | KMRCLを眺める (85) CANONICALIZE-DIRECTORY-NAME - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める (85) CANONICALIZE-DIRECTORY-NAME - わだばLisperになる

今回はKMRCLのimpl.lisp中からCANONICALIZE-DIRECTORY-NAMEです。

io.lispも残すところあと一つなのですが、その関数が他のファイルの関数を呼び出しているのでそちらを先に眺めます。

impl.lispは、主に実装依存の定義を纒めたファイルの様子。

CANONICALIZE-DIRECTORY-NAMEは、名前からすると、与えられたディレクトリの名前を正規化するもののようです。

動作は、

(KL::CANONICALIZE-DIRECTORY-NAME "/foo")
;⇒ #P"/foo/"

という風。

定義は、

(defun canonicalize-directory-name (filename)
  (flet ((un-unspecific (value)
           (if (eq value :unspecific) nil value)))
    (let* ((path (pathname filename))
           (name (un-unspecific (pathname-name path)))
           (type (un-unspecific (pathname-type path)))
           (new-dir
            (cond ((and name type) (list (concatenate 'string name "." type)))
                  (name (list name))
                  (type (list type))
                  (t nil))))
      (if new-dir
          (make-pathname
           :directory (append (un-unspecific (pathname-directory path))
                              new-dir)
                    :name nil :type nil :version nil :defaults path)
          path))))

となっています。:UNSPECIFICが返ってきた場合にNILに置き換える、UN-UNSPECIFICという内部関数を定義して使っています。

しかし、PATHNAME-DIRECTORYなどで、:UNSPECIFICが返ってきたりするんですね。全然知りませんでした。