Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-04-12

KMRCLを眺める(138) STRING-RIGHT-TRIM-ONE-CHAR

| 13:31 | KMRCLを眺める(138) STRING-RIGHT-TRIM-ONE-CHAR - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める(138) STRING-RIGHT-TRIM-ONE-CHAR - わだばLisperになる

今回はKMRCLのstrings.lispから、STRING-RIGHT-TRIM-ONE-CHARです。

指定した文字が文字列の最後に現われるなら文字を切り詰めるというもので、動作は、

(KL:STRING-RIGHT-TRIM-ONE-CHAR #\o "foo")
⇒
"fo"

(KL:STRING-RIGHT-TRIM-ONE-CHAR #\r "foo")
⇒
"foo"

というところ。

定義は、

(defun string-right-trim-one-char (char str)
  (declare (simple-string str))
  (let* ((len (length str))
         (last (1- len)))
    (declare (fixnum len last))
    (if (char= char (schar str last))
        (subseq str 0 last)
      str)))

となっています。