Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-04-26

(9)TUPLE: SIMD型超並列計算のための拡張 Common Lisp(1994)

| 20:38 | (9)TUPLE: SIMD型超並列計算のための拡張 Common Lisp(1994) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - (9)TUPLE: SIMD型超並列計算のための拡張 Common Lisp(1994) - わだばLisperになる

CiNiiのLISP関係の論文をのんびり漁っております。今回は、

です。

SIMD型超並列計算機のLISPといえば、Connection MachineのConnection Machine Lispや*Lispが有名だと思いますが、TUPLEは、各々のプロセッサでCL処理系のサブセットを動かすというのが特徴のようです。

マシンは、MasPar社のMP-1というマシンで、1024のプロセッサを搭載ということなので、1024のCLサブセットが稼動し、それをフロントエンドのフルセットのCLが制御するという形式。

論文の内容は、TUPLEの仕組みと、実装、性能評価が主になっています。

*Lispと同様に、TUPLEにもシミュレーターが用意されているというところにぐっと来ました。動かして遊んでみれたら面白そうです。