Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-05-08

StumpWMの日々 (4)

| 15:53 | StumpWMの日々 (4) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - StumpWMの日々 (4) - わだばLisperになる

StumpWMではGNU Screenや、Emacsのようにキー操作で画面を切り替えたりします。

EmacsのC-xのようにプレフィックスキーと他のキーを組み合わせる操作が殆どなのですが、これだと2ストロークになってしまいボリュームの操作などには面倒です。

ちょっと調べたら、*top-map*というキーマップに登録すれば対象のキー一つでコマンドが実行できる様子。

ということで設定

(PROGN
  ;; amixer
  (LOAD "stumpwm/contrib/amixer")
  (DEFINE-KEY *TOP-MAP* (KBD "XF86AudioRaiseVolume") "amixer-master-1+")
  (DEFINE-KEY *TOP-MAP* (KBD "XF86AudioLowerVolume") "amixer-master-1-")
  (DEFINE-KEY *TOP-MAP* (KBD "XF86AudioMute") "amixer-master-toggle")
  )

こんな感じでボリューム操作ができるようになりました。