Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-06-20

(28)電子メール討論 : Common Lisp における実例(1987)

| 19:57 | (28)電子メール討論 : Common Lisp における実例(1987) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - (28)電子メール討論 : Common Lisp における実例(1987) - わだばLisperになる

まったりとCiNiiのLISP関係の論文を漁っておりますが、今回は、

です。

Common Lisp言語の仕様は1981年ごろからメーリングリストを利用して行なわれていたようです。

今でこそ電子メールは当たり前になっていますが、1981年といえば時代を相当先取りしていたのではないかと思います。

討論の方法は、特に進行役は立てず、流れるままに行ない、必要があれば調停役が調整、という感じだったとのこと。

時代が時代だけに転送量が問題だったらしく仕様変更の提案に議論が白熱してメールサーバーがパンクすることもあったようです。