Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-06-29

KMRCLを眺める(169) CONCAT-SYMBOL

| 23:02 | KMRCLを眺める(169) CONCAT-SYMBOL - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める(169) CONCAT-SYMBOL - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのsymbols.lispからCONCAT-SYMBOLです。

定義は、

(defun concat-symbol (&rest args)
  (apply #'concat-symbol-pkg nil args))

となっています。

前回眺めた、CONCAT-SYMBOL-PKGのパッケージ指定の部分にNILを指定して、カレントパッケージにシンボルをインポートしています。

これを眺めるに、前回のCONCAT-SYMBOL-PKGの名前にPKGとついているのは、どうやら、パッケージも指定できるよ、という意味のように思えました。

動作は、

(KL:CONCAT-SYMBOL :foo '- "bar" :- 'baz)
;⇒ FOO-BAR-BAZ

となっています。