Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-07-15

(36)LispマシンELISの開発環境(1982)

| 23:03 | (36)LispマシンELISの開発環境(1982) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - (36)LispマシンELISの開発環境(1982) - わだばLisperになる

TAO関係の論文を漁っておりますが、今回は、

です。

開発環境といっても本文は高レベルではなくハードに近い低レベルの方の開発環境です。

ELISの開発環境としてのAO/60用いたマイクロプログラミング支援のためのアセンブラ、リンカ、ローダーについて詳細に述べられています。

紹介されているマイクロアセンブラもまたリストで表現されていて、所謂LAP(List Assembly Program)というものだと思うのですが、なんでもLISTで表現できる/するんだなあと感心します。

延々と実装戦略等が述べられていて自分にはハードな内容でした。

LISPマシンを作ってみたいという方には色々面白いところがあるのではないでしょうか。