Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-08-10

ELIS復活祭メモ(1) (!(member ...))の謎

| 22:31 | ELIS復活祭メモ(1) (!(member ...))の謎 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - ELIS復活祭メモ(1) (!(member ...))の謎 - わだばLisperになる

もっと時系列に並んだ体系的な記録を書きたいところですが、とりあえず断片的にでも書いてゆきます。

ELISの論文を読んでいたときに、

(!item 2)
(!list (list 1 2 3 4))

(!(member item list) (1+ item))
;⇒(1 3 3 4)

のようになるのが非常に不思議だったので、これを実機で試してきました!

結果として、実際にこういう風になりました。

Common Lispでも、CARを挟んでやれば、

(LET ((ITEM 2)
      (LIST (LIST 1 2 3 4)))
  (SETF (CAR (MEMBER ITEM LIST))
        (1+ ITEM))
  LIST)
;⇒(1 3 3 4)

となります。

TAOでも、

(!(car (member item list)) (1+ item))
;⇒(1 3 3 4)

という風に同じ結果になりました。

CLでこういう動作を追加する場合、defsetfなどで追加できます。

(DEFSETF MEMBER (ITEM LIST) (VAL)
  `(LISPWORKS:WITH-UNIQUE-NAMES (ITEM LIST VAL)
     (SETF (CAR (MEMBER ,ITEM ,LIST))
           ,VAL))))

これで、

(LET ((ITEM 2)
      (LIST (LIST 1 2 3 4)))
  (SETF (MEMBER ITEM LIST)
        (1+ ITEM))
  LIST)

とも書けます。

恐らくですが、TAO/ELISでも、こういった定義があるのではないかなあと想像しています。