Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2010-10-07

KMRCLを眺める(211) FIXME

| 20:33 | KMRCLを眺める(211) FIXME - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - KMRCLを眺める(211) FIXME - わだばLisperになる

今回は、KMRCLのconsole.lispからFIXMEです。

FIXMEやXXXはコメントの中でお馴染ですが、そのFIXMEを(ログに)出力するもののようです。

定義はこれまでの、CMSG等と同じ感じで

(defun fixme (template &rest args)
  "Format output to console"
  (setq template (concatenate 'string "~&;; ** FIXME ** " template "~%"))
  (apply #'format t template args)
  (values))

となっています。

動作は

(kl:fixme "now")
;→ ;; ** FIXME ** now

といったところ。

なんでもCLで書いてるとこういうのも必要になってくるんでしょうね。