Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2011-01-16

Gwydion Dylanのインストール (x86 linux)

| 13:45 | Gwydion Dylanのインストール (x86 linux) - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - Gwydion Dylanのインストール (x86 linux) - わだばLisperになる

自分にとってDylanはたまに動かしてみる言語なのですが、何ヶ月かぶりにちょっと試してみようと思うと動かないことが多いため導入方法をメモっておくことにしました。

たまにしか動かさない環境は、VirtualBox上に温存してみているので、VirtualBox上のDebian GNU/Linux x86 sidの上に導入します。

注意点

Dylanの実装には色々あるのですが、現在ダウンロードして入手できるのは、Gwydion DylanとOpen Dylanです。

Open Dylanの方が充実していて良いのですが環境によっては、導入に難儀するので、今回は、Gwydion Dylanにします。

ダウンロード
wget http://www.opendylan.org/downloads/binaries/linux/x86/gwydion-dylan-2.4.0-x86-linux-glibc23.tar.gz
設置

落したファイルをものを標準の場所以外に展開すると、

File does not exist: "/usr/local/share/dylan/platforms.descr"
アボートしました

のように怒られるので、/usr/local以下に展開

$ cd /usr/local/
$ sudo tar xvf /tmp/gydion-dylan-2.4.0-x86-linux-glibc23.tar.gz

ライブラリのパスの設定

$ cat /etc/ld.conf.d/gwidion-dylan.conf
/usr/local/lib/dylan/2.4.0/x86-linux-gcc33

$ sudo ldconfig -v
...

動作確認

$ make-dylan-app p01
# p01の中にp01.dylanや、Makefile等一式できる。雛形としてHello, Worldプログラムができる。
$ make
$ ./p01
Hello, World!