Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2011-05-25

CLでSRFI-98

| 21:19 | CLでSRFI-98 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - CLでSRFI-98 - わだばLisperになる

なんとなくぼんやりとSRFIを移植していますが、今回は、moshのhigepon氏でおなじみのSRFI-98です。

CLではget-environment-variableはGETENVという名前で大抵の処理系にあり、get-environment-valiablesは、ENVIRONMENTのような名前で存在することが多いようです。

使い方は、

(use-package :srfi-98)

(get-environment-variable "SHELL")
;=> "/usr/bin/zsh"

(get-environment-variables)
;=> (("STY" . "1896.pts-0.setq") ("TERM" . "vt100")
;   ......

のようなところ。

CLのGETENVの場合、SETFメソッドも付いてくることが多いのでついでに拡張してみました

(setf (get-environment-variable "FOO") "1234")

(get-environment-variable "FOO") 
;=> "1234"