Hatena::Groupcadr

わだばLisperになる このページをアンテナに追加 RSSフィード

2004 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 07 | 10 | 11 |
2006 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 11 |

2009-01-05

どう書く〜#` リーダーマクロ〜

| 20:08 | どう書く〜#` リーダーマクロ〜 - わだばLisperになる を含むブックマーク はてなブックマーク - どう書く〜#` リーダーマクロ〜 - わだばLisperになる

またまたLispマシンのマニュアルを眺めていて、変ったリーダーマクロをみつけました。

#'は、MacLISPの時代からfunctionなのですが、Lispマシンには#`の定義があったようです。

その内容なのですが、

#`(send stream ',(:clear-input :clear-output))
;>>>
(progn (send stream :clear-input)
       (send stream :clear-output))

#`(rename-file ,("foo" "bar") ,("ofoo" "obar"))
;>>>
(progn (rename-file "foo" "ofoo")
       (rename-file "bar" "obar"))

というもののようです。さらにネストできて

#`#`(print (* ,(5 7) ,,(11. 13.)))
;>>>
(progn (progn (print (* 5 11.)) (print (* 7 11.)))
       (progn (print (* 5 13.)) (print (* 7 13.))))

になるらしいです。

最初の2つは比較的簡単にできたのですが、最後の例がなんだか良く分かりません。

ということで、興味のある方は再現に挑戦してみては如何でしょうか!

ちなみに来週位に私の解答を発表してみたいと思います。

※最初の例のquoteの解釈ですが、もしかしたら誤植で、

(progn (send stream ':clear-input)
       (send stream ':clear-output))

かもしれません、TI-Explorerのエミュレータではこの様に展開されています。